がんばろう共感覚者 

 

文言なし原画

ごちゃごちゃしてる上に、高彩度の中間色だらけで、人によっては頭がクラクラするかもしれません。

 私はこういう、強烈なポップカラーが錯綜するビジョンを見たり描いたりすると、心が落ちつきます。

 ただ、これは格別に私が共感覚者だからというわけでもないようで、シックな色彩に落ちつきを感じる共感覚者もおられます。

 漢字・ひらがな・数字・ハングル、英字の書記素色覚はかなり強く、その文字を覚えたときから何十年間も、全く変わっていません。

 文字の色は、その形や読みを覚えた瞬間に知覚し、以降、変化しません。

 絵の左下にある矢印は方位です。

 「右」(という概念)だけ、奇妙にツルンとしたガラスコーティング感があります。

 右上の東西南北の方位の色も、昔から不変ですが、これは方位概念というより「東西南北」漢字の色が干渉している気がします。

 中心上にある時計は、その時間に知覚する色で、これは弱いです。

 色聴(音・音楽・音階に色)も、加齢に伴い弱まりつつあり、日によって知覚したりしなかったりします。

 しかし、今でもいくつかの特定の音楽や音には色を強く感じる場合があり、立体感や質感を伴うこともあります。